JAMBA 「The Book 〜dancing penny〜」へ

生きていることの証とは、好きなことを全力でおこなうこと。

人によりその表現方法は異なるけれど、その「表現」により、ひとに感動を与えることができれば、それ以上の幸せはないだろう。



ダンス・パフォーマンスユニット「JAMBA」さんの公演に行かせていただきました。

今回のテーマは、「THE BOOK 〜dancing penny〜」

空を飛ぶペンギン、ことあるごとに思い出されるあの日の記憶、日々の生活の中でのワンシーン、読書から導き出される新たな世界、手にとってページを開くとこころ動かされる世界。


ステージの上、それらのシーンをエネルギシュなダンス・パフォーマンスによって表現していくのです。コント仕立てのユニークな場面もあり。変化に富んだそのステージに、どんどん引き込まれていきます。



宝塚北高校演劇科の卒業生が中心となって結成され、今回で4回目の公演。今年の5月、ANTENNEのイベントでも、その魅力的なパフォーマンスをみせていただいたのですが、単独リサイタル公演を拝見して、再びそのエネルギシュなパワーに圧倒されました。

会場は、AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)です。存じ上げませんでしたが、関西小劇場の拠点とされているそうです。

www.aihall.com

会場に着きますと、続々と席が埋まっていき満席。ステージが、低く作られており、すぐ目の前、そのパフォーマンスを肌で感じ取れる設計になっています。一番後ろの席で、観劇させていただいたのですが、全体を見渡せて、旨い設計だなと感心。

ステージ上に置かれた巨大な本から、紡ぎだされる様々なパフォーマンス。その一つ一つが、躍動感にあふれ、表現すること、生きることの楽しさを全身で表現する22名の若き乙女たちの競演に酔いしれた時間はあっという間でした。



個性の強いであろうメンバーをまとめあげる、主力メンバーの方々のたいへんさを考えてしまう。中心となっておられるAMIさんとJURIさんのご苦労思うと、胸に込み上げてくるものがあります。





構想を練り、テーマを決め、会場・練習場・事務手続き、タイム・スケジュールを設定。練習に入り、稽古の連続、試作と練り直しの日々、衣裳や小物製作、通し稽古、舞台稽古、本番。想像しただけでも、その苦労は言葉で言い表せないと・・。



「好き」であることが、その原動力の源であり、他者を感動させられることの喜びが、結界であるステージに命を吹き込む。

9/28、13:00と17:00に公演がございます。

チケットはほとんど完売とお聞きしていますが、まだ残っているかもです。

ぜひ、ご観覧ください。

◆昨年の公演のYOU-TUBEです ↓

http://youtu.be/0Pfq4G8hi8E

◆JAMBA 

http://ameblo.jp/jamba2609/entry-11622431628.html




■□■芦屋、宝塚、三田の美容院 ANTENNE (アンテーヌ)□■□

http://www.antenne.co.jp


オ・ブリコルール 芦屋 0797 35 1121

オペラ 宝塚南口    0797 71 7747

ピオニ 宝塚山本    0797 80 0030

ジロ  三田      079 559 0500

オートレ山手台     0797 82 0220